オンリーワン装置・技術の紹介

サムネール画像をクリックすると拡大表示されます。

  装置名(メーカー / 型式)
仕様
1.湿式微粒化装置(ジェットミル)
(株式会社 常光 / ナノジェットパル JN20 )
[機器概要] 高圧ポンプによって加圧された試料はジェット流となり、直線ジェット流の衝突による微粒化が生じます。
スラリー状試料を微粒化する湿式ジェットミル装置です。最大200MPaの高圧で分散・乳化・解砕を行います。
研究・開発現場でのナノ粒子の分散に威力を発揮します。 分散性の悪いカーボンナノチューブに対しても短時間に効率よく、しかもカーボンナノチューブを傷つけることなく分散させる事が出来ます。
産業応用としては、電池電極材料の微粒化や均一分散処理、化粧品材料の乳化等が可能です。
装置の特徴・パンフレットはこちら(PDF:529KB)

2.自己組織化構造作製装置(ディウェッティング装置)
(ユーエスアイ・システム / ESD-23改)
[移動速度] 0.1~99.9mm/min
装置の特徴・パンフレットはこちら(PDF:269KB)

3.走査型近接場光学顕微分光システム(SNOM)
(日本分光 / NFS-230K)
[機器概要] 近接場光と試料表面が相互作用することにより発生した散乱光を分光検出します。
[測定モード] コレクション、イルミネーション(透過)、
イルミネーション・コレクション
[波長分解能] 0.5nm 以下
[測定波長範囲] 500~1000nm (使用するプローブに依存)
[検出器] 電子冷却または液体窒素冷却マルチチャンネルCCD検出器

PAGETOP