千歳科学技術大学

入試Q&A

特別推薦(指定校推薦)入試・公募推薦入試

Q. 「専願制」とは何ですか?

A. 「専願制」とは、本学への入学を約束できる方だけが出願する制度です。このため、他大学を受験することはできません。

Q. 「特別推薦入試」と「公募推薦入試」の違いは何ですか?

A. 「特別推薦入試」は指定校推薦入試のことです。本学が指定する高等学校、中等教育学校の校長から、特別推薦入試受験者として推薦された方だけが、受験できる入試です。これに対し「公募推薦入試」はすべての高等学校、中等教育学校、高等専門学校を対象としています。

Q. 公募推薦入試の自己推薦の内容には基準がありますか?

A. 「課外活動実績、または在学中に取得した資格・免許」は、志願者が自信をもって自己推薦できればよく、その内容は問いません。面接時に活動実績や資格の内容、さらには活動・取得の理由などを聞き、総合的に評価します。

Q. 面接はどのように行われますか?

A. 「特別推薦入試」、「公募推薦入試」の面接は、個人面接(20~30分程度)です。教員2名が志望動機のほか、出願書類に基づいて、いろいろな角度から質問します。

▲ページのトップへ

体験型入試(AO)

Q. 体験型入試(AO)に出願したいのですが。

A. 体験型入試(AO)は出願の前にエントリーが必要です。詳細は、「 体験型入試(AO)ガイド」を確認してください。

Q. A型とB型の両方にエントリーすることはできますか?

A. A型とB型の両方に出願することはできませんので、どちらかを選んでエントリーしてください。また、B型第1クールで出願した場合は、B型第2クールにエントリーすることはできません。

Q. B型で出願許可を受けた後に、推薦入試受験に変更できますか?

A. 変更できます。体験型入試(AO)や推薦入試は、出願時に専願となるため、どちらかを選んで出願してください。

Q. 専願でなければエントリーできませんか?

A. エントリー段階では専願ではありませんので、専願でなくてもエントリー可能です。ただし、出願をする際には専願となります。

▲ページのトップへ

一般学力入試

Q. 受験科目は出願時に選択するのですか?

A. 出願時に選択する必要はありません。試験当日、問題を見てから受験科目を選択できます。I期、II期試験では、国語、英語、数学、理科(物理・化学・生物)の4教科から2教科を選択します。(ただし、英語と国語の組み合わせは不可)III期試験では数学と面接を受験することになります。

Q. 解答科目の選び方で不利になることはありませんか?

A. 試験問題は、難易度に差が生じないよう注意深く作成されていますが、解答者の平均得点差により、必要に応じて得点調整を行うことがあります。したがって、科目選択の仕方によって不利になることはありません。

Q. 試験当日は服装の指定がありますか?

A. 服装の指定はありません。

Q. 試験当日は上靴を持参する必要はありますか?

A. 上靴は必要ありません。

Q. 試験当日は会場に保護者等の控室はありますか?

A. 本学会場には保護者等の控室を用意します。

Q. 受験時の宿泊先の斡旋は行っていますか?

A. 斡旋は行っていませんが、千歳市内の宿泊施設の「科技大宿泊プラン」については、詳細が決まり次第、本学ホームページに掲載します。宿泊の申し込み、問い合わせ等は各宿泊施設に直接行ってください。

▲ページのトップへ

大学入試センター試験利用入試

Q. 大学独自で課す試験(個別学力検査)はありますか?

A.  個別学力検査はありません。大学入試センター試験の成績と出願書類を総合して合否を判定します。平成31年度大学入学者選抜大学入試センター試験を受けていない方は、この入試に出願することはできません。

▲ページのトップへ

公立化関係

Q. 2019年4月から公立大学となることが決定した場合、入学試験はどうなりますか?国公立大学と併願することはできますか?

A. 2019年度入学試験は、公立大学法人化前となるため私立大学としての方法で試験を行います。したがって、国公立大学と併願して受験することができます。ただし、試験区分・試験期によっては併願をすることができないことがあります。入学試験の詳細は、2019年度入試の学生募集要項を確認してください。

▲ページのトップへ

インターネット出願(一般学力入試・大学入試センター試験利用入試)

Q. 自宅にプリンターがないのですが、どうしたらよいですか?

A. コンビニエンスストアのプリントサービスを利用するか、学校などにご相談ください。コンビニエンスストアのプリントサービスについては、コンビニエンスストアのホームページ等を確認してください。

Q. 入学検定料を支払ったのですが、検定料支払い完了メールが届かないのですが。

A. 検定料支払い完了メールはすぐに届かない場合があります。しばらく待っても届かない場合は、インターネット出願サポートセンター(TEL:03-5771-5054(平日10:00~18:00))までお問い合わせください。

Q. 入学検定料を金融機関の窓口で支払うことはできますか?

A. インターネット出願の場合は、金融機関の窓口で支払うことはできません。コンビニエンスストア、ペイジー対応ATM、クレジットカードのいずれかで支払いを行ってください。

Q. 出願登録の内容を確定した後に入力間違いがあることに気づいたのですが、どうしたらよいですか?

A. 入学検定料を支払う前に間違いに気づいた場合は、再度出願登録をし直してください。入学検定料を支払わなかった登録内容については、入学検定料の支払期限が過ぎると、自動的に無効となります。
入学検定料を支払った後に間違いに気づいた場合は、本学入試課(TEL:0123-27-6011(平日8:30~17:00))までご連絡ください。

Q. 一般学力入試Ⅰ期試験の出願登録を行い、入学検定料(26,000円)を支払いました。大学入試センター試験利用入試Ⅰ期試験にも出願したいのですが、入学検定料の併願割引制度は適用になりますか?

A. 一般学力入試と大学入試センター試験利用入試の出願登録を別々に行った場合は、併願割引制度が適用になりません。併願割引制度を適用するためには、出願登録時に「併願の選択」画面で「一般・センター併願」を選択する必要がありますので、注意してください。

▲ページのトップへ

その他

Q. 合格発表を見に行けないのですが。

A. 合格発表は、合格者の受験番号を本学本部棟正面玄関ホールに掲示するほか、合格者に合格通知書を送付します。また、本学ホームページ上に合格者の受験番号を掲載します。詳細は学生募集要項を確認してください。

Q. 大学の勉強が少し不安なので、入学までに準備したいのですが。

A. 特別推薦(指定校推薦)入試、公募推薦入試、体験型入試(AO)の合格者には、eラーニングを利用した入学前学習に取り組んでいただきます。なお、高校で物理や数学IIIを選択しなかった人、自信がない人は、入学してからリメディアル教育を受けることができます。

▲ページのトップへ

学生生活編

Q. アパート・マンションを探すにはどうしたらいいですか?

A. 合格通知書を発送した後、別途各種資料を郵送します。アパート・マンション情報も同封しますので、入居希望者は参考にしてください。なお、本学指定の学生会館もあります。

Q. アルバイトはできますか?

A. 学内に掲示されたアルバイト求人票から探すことができます。なお、学業に支障のないように計画を立て、できるだけ夏・冬・春休み期間中のアルバイトをおすすめします。

Q. 奨学金制度の利用を考えているのですが。

A. 日本学生支援機構や地方公共団体、各種民間団体の奨学金制度も取り扱っています。なお、日本学生支援機構奨学金は、大学入学前に高校で予約採用の申し込みが可能です。高校の先生に相談してください。
詳しくは奨学制度をご覧ください。

Q. 学費はどのくらいかかりますか?

A. 2018年度の学費は以下のとおりです。
■学費
・入学金:180,000円
・授業料(前期(入学手続時)):466,500円
・授業料(後期):466,500円
・施設・設備費(前期(入学手続時)):132,500円
・施設・設備費(後期):132,500円
・実験・実習費(前期(入学手続時)):79,500円
・実験・実習費(後期):79,500円
・合計(前期(入学手続時)):858,500円
・合計(後期):678,500円
<第1学年合計>1,537,000円
<第2学年以降年間合計>1,357,000円
※2019年4月に公立大学法人に移行した場合、入学金、授業料等の納入金は変更となる予定です。

Q. 学科はいつ選択するのですか?

A.  入学してからの1年間は、学科分けをせずに学部単位で学びます。第2学年進級前に応用化学生物学科、電子光工学科、情報システム工学科のいずれかを選択(原則希望)することになります。

Q. 実験・実習授業が多いのでしょうか?

A. 第1学年から第3学年までは、毎週1回以上半日単位で、実験講義かコンピュータ実習があります。第4学年では1年間卒業研究に取り組みます。このように豊富な実験講義・実習を用意しているのは、知識としてだけではなく、実際の体験を通じて理学と工学の融合を理解してもらうためです。

Q. 研究室への配属は、どのように決まりますか?

A. 第3学年の秋学期に希望する研究室を選択し、第4学年進級と同時に正式に配属され、卒業研究が始まります。なお、研究室はいつでも開放されています。第1・2学年から興味ある研究室をいくつか訪問し、自分のやりたい分野を見つけておくのもいいかもしれません。

Q. 自転車やバイクで通学できますか?

A. 大学で開かれる交通安全講習会に参加した学生を対象に、マイカー通学を認めています。マイカー通学時は十分に、交通事故に注意してください。ただし、駐車場のスペースに限りがあるため、通学はできるだけシャトルバスの利用をお願いしています。

Q. 通学バスはありますか?

A. JR南千歳駅、JR千歳駅と本学を結ぶシャトルバスが運行されています。
■ 本学←→JR南千歳駅(始発:7:57~)/1日45便(片道約9分)
■ 本学←→JR千歳駅(始発:7:50~)/1日42便(片道21分)
※本学終発は本部棟20:45、研究・実験棟21:45です

Q. なぜ就職率が高いのでしょうか?

A. 本学では、理学と工学を横断的に学ぶからです。加えて、あらゆる分野の企業が「理工学」、そして本学に期待しているからです。実際、先輩達が就職先で頑張っていることも大きな要因です。ちなみに、本学の卒業生には、「理工学士」の学位が授与されますが、全国的に珍しいものです。

Q. 先輩たちはどのような企業に就職していますか?

A. 電子電気機器、光機器、材料などの製造メーカーのほか、通信・システム、情報処理・ソフトなどさまざまな企業に就職しています。職種は主に、エンジニアやシステムエンジニア、研究・開発職や技術開発・技術営業職などです。
詳しくは就職実績をご覧ください。

▲ページのトップへ

入試情報