背景色
文字サイズ

教授・博士(バイオサイエンス):諸橋 賢吾

Home > 学部・大学院 > 教員紹介 > 教授・博士(バイオサイエンス):諸橋 賢吾
所属 応用化学生物学科
学位 教授・博士(バイオサイエンス)
研究室 E113
電話 0123-27-6120

学部担当科目

  

経歴

平成8年3月 東京理科大学理工学部応用生物科学科卒業
平成10年3月 奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科博士前期課程修了
平成13年3月 奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科博士後期課程修了
平成13年4月 NEDO 技術者フェロー
平成15年4月 横浜国立大学 講師(中核的研究機関研究員)
平成15年10月 東京理科大学薬学研究科 ポストドクトラル研究員
平成17年4月 米国オハイオ州立大学 ポストドクトラルフェロー
平成22年10月 米国オハイオ州立大学 リサーチサイエンティスト(PI)
平成26年9月 理化学研究所(兼任)
平成27年4月 東京理科大学理工学部応用生物科学科 准教授
令和2年4月 米国ミシガン州立大学生化学分子生物学 客員教授
令和4年4月 公立千歳科学技術大学理工学部応用化学生物学科 教授

専門分野

システム生物学、ネットワーク生物学、分子生物学、情報生物学、合成生物学

現在の研究テーマ

植物の遺伝子発現制御ネットワーク
低分子化合物標的タンパク質ネットワーク
遺伝子発現ばらつき制御機構

所属学会

分子生物学会、植物生理学会

著作及び解説

  • Morohashi, K*., Russinova, E. (2019). Towards a next step of the research of regulatory networks in plant growth and development. J Plant Res. 132:155-157.
  • 諸橋賢吾 (2016). 低分子化合物―標的タンパク質インタラクトーム 医学のあゆみ 259(8):819-824.
 
論文
  • Negishi, K., Morohashi, K.* (2021). Comprehensive transcriptional analysis reveals gene-specific transcriptional variations in a seed plant, Arabidopsis thaliana. The International Conference on Agents and Artificial Intelligence, (ICAART) 2021: 585-590.
  • Umeyama, M§., Hirose, J§., and Morohashi, K*. (2020). UMEPPI: An ultrasensitive detection method for protein– protein interaction. MicroPubl. Biol. 10.17912/micropub.biology.000309. 
  • Umeyama, M§., and Morohashi, K* (2020). Quantitative insight into the combinatorial interactions within MYBBHLH-WD complex in Arabidopsis thaliana. MicroPubl. Biol.  10.17912/micropub.biology.000293.
  • Okamoto, S., Negishi, K., Toyama, Y., Ushijima, T., and Morohashi, K*. (2020). Leaf trichome distribution pattern in Arabidopsis reveals gene expression variation associated with environmental adaptation. Plants 9:909.
  • Ishihara, H., Sugimoto, K., Tarr, P.T., Temman, H., Kadokura, S., Inui, Y., Sakamoto, T., Sasaki, T., Aida, M., Suzuki, T., Inagaki, S., Morohashi, K., Seki, M., Kakutani, T., Meyerowitz, E.M., Matsunaga, S. (2019). Primed histone demethylation regulates shoot regenerative competency. Nat Commun. 10:1786.
  • Arai, H., Yanagiura, K., Toyama, Y., Morohashi, K*. (2019). Genome-wide analysis of MpBHLH12, a IIIf basic helix-loop-helix transcription factor of Marchantia polymorpha. J Plant Res. 132:197-209.
  • Morohashi, K*., Russinova, E. (2019). Towards a next step of the research of regulatory networks in plant growth and development. J Plant Res. 132:155-157.
  • Jones, M.A., Morohashi, K., Grotewold, E., Harmer, S.L. (2019). Arabidopsis JMJD5/JMJ30 acts independently of LUX ARRHYTHMO within the plant circadian clock to enable temperature compensation. Front. Plant Sci. 10:57.
  • Iwase, A., Harashima, H., Ikeuchi, M. Rymen, B., Ohnuma, M., Komaki, S., Morohashi, K., Kurata, T., Nakata, M., Ohme-Takagi, M., Grotewold, E., and Sugimoto K. (2017). WIND1 promotes shoot regeneration through transcriptional activation of ESR1 in Arabidopsis. Plant Cell 29:54-69.
  • Zhiponova, M.K*., Morohashi, K*., (*co-first author) Vanhoutte, I., Machemer-Noonan, K., Revalska, M., Van Montagu, M., Grotewold,  and E., Russinova, E. (2014). HLH/bHLH transcription factor network represses cell elongation in Arabidopsis via an apparently incoherent feed-forward loop. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 111:2824-2829.
  • Arango, D*., Morohashi, K*., (*co-first author) Yilmaz, A., Kuramochi, K., Parihar, A., Brahimaj, B., Grotewold, E., and  Doseff, A.I. (2013). Molecular basis for the action of a dietary flavonoid revealed by the comprehensive identification of apigenin human targets. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 110:E2153-62.

 
TOPへ戻る