背景色
文字サイズ

第2回オープンサイエンスパーク千歳を開催しました

Home > お知らせ > 第2回オープンサイエンスパーク千歳を開催しました
教育・地域連携 2019.08.19
8月4日(日)に「オープンサイエンスパーク千歳 ~こんなにすごい!! 身近な生き物たち」を開催しました。当日は天候にも恵まれ、千歳市や札幌市の小中学生11名(募集定員10名)と保護者が参加して公立千歳科学技術大学研究棟周辺や千歳湖などで昆虫採集や標本作成を行いました。
まずは大学周辺で北海道大学総合博物館の大原先生から昆虫採集の仕方や注意事項について教えていただきながら蝶々を中心に採集しました。また、千歳湖周辺には事前に本学の学生が仕掛けておいたトラップでカナブンを中心とした甲虫を採集しました。
午後からは、自分たちが採集した昆虫で標本を作製しました。木の板やコルク板などの材料を自分たちで組み立てて展翅板(てんしばん)を作り、大原先生らに教わりながら甲虫やバッタ、蝶々や蛾などの標本を作成しました。皆さん、2時間以上も集中して取り組んでいました。持ち帰った標本は、2〜3週間後には、乾燥し標本として飾れるようになっていることでしょう。
参加した皆さんからは、「ぜひ来年も参加したい!」「高校生向けの講座も開催してほしい」という声もいただきました。



※ オープンサイエンスパーク千歳は、スマートネイチャーシティ(SNC)ちとせ事業の一環として実施しています。SNCちとせ事業についてはこちらをご覧ください
TOPへ戻る