背景色
文字サイズ

応用化学生物学科

Home > 学部・大学院 > 理工学部 > 応用化学生物学科

未来へのチカラは、自然を生かす技術で創る。

化学・生物学を軸とした理工学の基礎のもと、素材関連や医療分野だけでなく食品・環境・エネルギーなどの幅広い分野に役立つ能力を養います。
広範なテーマ設定の実験実習や卒業研究を通して、どのような分野にでも対応できる知識と柔軟な思考、コミュニケーション能力や解決できる能力を身に付けます。

学科の特長

時代の進歩とともに直面する問題を見直して、解決できる能力を学びます。
私たちの生活は、科学や医療技術の発展によって豊かで快適になってきています。
反面、放射能やPM2.5による環境汚染、再生エネルギーの模索、高齢化社会の生活の質(QOL)など、問題も多くなっています。
これらを解決するため、自然のメカニズムを理解する理学的なアプローチと、自然と調和した社会や産業の発展のあり方を追求する工学的な思考法の両方を身に付けることをめざしています。
コンピュータの基礎知識も習得し、化学・生物・医療などのデータの扱いやさまざまな研究に役立てます。
例えば、飲料の味を分析できるセンサーが開発できたとしたら、分析方法をプログラミングする技術が必要になります。
本学科のどの分野においても、コンピュータに関する技能が不可欠。
工学的な発想を身近に学べることとコンピュータ系の実験・実習も多く経験できることは、次代に求められる能力を身に付けるために大きな力を発揮します。
また、レーザ光による最先端の診断や治療について学べることも最大の特長です。

学びの領域

めざせる将来

  • マテリアル産業
    材料の製造、評価、加工産業や医療への応用など
  • 医療関連産業
    医療用機器や薬品製造販売、光を用いた医療技術開発など
  • 電子情報関連産業
    電子・光学部品の製造、装置の開発など
  • 大学院進学
    より高度で深い最先端の研究が可能
  • 中学校・高校教員
    専門性とICT活用能力を兼ね備えた教員に
    取得可能免許状
    中学校教諭一種免許状[理科]/ 高等学校教諭一種免許状[理科]

各分野について

応用化学分野

有機素材・材料関連
化学という学問は、ものが何からできていて、どんな性質を持っているのかを調べることであり、また、あるものから別のものへどのように変化するかを確かめることです。
応用化学は、この化学を基礎にして、役立つものをいかにつくりだすことができるか、どのような手法を使えばうまくものがつくれるかを研究する分野です。
実際の研究では、有機化合物を中心とした新素材の開発などを行っています。
また高機能化するための「物質」の「性質」の研究にも取り組んでいます。
さらに環境や化学分析などを含め、幅広く展開しています。

生物・医療工学分野

医療・バイオ関連
生物の多くは、無駄がなく合理的な形を持ち、しなやかな動きやフレキシブルな動作を見せてくれます。これらの生物の「つくり、しくみ、成り立ち」にはまだまだ多くの謎がありますが、こうした生物の優れた機能を学び、材料開発に活用する生物模倣技術が生物工学の一端です。また医療工学とは、最先端の工学的手法を用いて、より高度な医療を実現するための手助けをするものです。特に、本学科ではレーザ光を利用した最先端医療を支援する研究を行っています。
TOPへ戻る