背景色
文字サイズ

応用化学生物学科 カリキュラム

Home > 学部・大学院 > 理工学部 > 応用化学生物学科 > 応用化学生物学科 カリキュラム

カリキュラムの特色

基礎知識の習得からスタートして、どのような科学技術分野にも対応できる多くの科目を用意しています
有機化学や物理化学といった化学系基礎科目と、生化学や分子生物学などの生物系基礎科目を履修するとともに、多数の応用科目を選択することができます。
応用科目は、化学系では「分析化学」「高分子科学」など、生物・医療系では「バイオミメティクス(生物模倣)」「医用材料」など、物理・電子系では「量子力学」「レーザ工学」「電磁気学」など多岐にわたります。
多くの科目が選択科目に設定されているため、自分の興味や関心に合わせて履修ができます。
また、実習科目には化学・生物系の実験に加えてレーザ技術や電子回路作製、コンピュータプログラミングなどのテーマもあり、どのような科学技術分野にも対応できる素養や能力が身に付くカリキュラムになっています。

履修科目の紹介

必修科目 選択必修科目 選択科目

2年次

学びの目標
化学、生物学、数学など基礎分野同士のつながりを理解する
応用化学分野
有機化学 分析科学 高分子科学 有機化学基礎
生物・医療工学分野
光生物学 生化学 生物学基礎A 分子生物学
共通
光サイエンス実験A・B マテリアル科学A オプティクス コンピュータプログラミング1
量子科学入門 システムズエンジニアリング 地学概論1・2 マテリアル科学B
電磁気学 ディジタル回路 物理学実験

3年次

学びの目標
専門知識を生かし、問題解決のための手段を見つけられる能力を身に付ける
応用化学分野
環境化学 マテリアルフォトニクス実験A・B フォトニクスポリマー 化学工学 化学実験
分子デザイン 有機エレクトロニクス・フォトニクス 無機エレクトロニクス・フォトニクス
生物・医療工学分野
バイオ電子フォトニクス実験A・B 医学概論 バイオ高分子 生物試料分析 バイオフォトニクス バイオミメティクス
医用レーザ工学 バイオエレクトロニクス 生物学実験 医用無機材料 生物学応用 医用高分子
共通
コンピュータアプリケーション アナログ回路 インターンシップ フォトニクス物性物理
ナノフォトニクスデバイス エレクトロニクス計測 レーザ概論

4年次

学びの目標
自分なりの目標を立てて研究に取り組む
応用化学分野
マテリアルフォトニクスセミナー
生物・医療工学分野
バイオ・メディカルフォトニクスセミナー
共通
輪講 卒業研究A・B

科目 PICK UP

光サイエンス実験B (2年次)

物理、電子工学、化学、生物学など応用生物化学の土台となる分野に関し、光学計測や有機系、高分子などの基礎的な実験を通して理解を深めます。
また実験技術の習得だけでなく、レポートの提出を繰り返すことにより科学技術者にとって重要な報告書の作成能力も身に付けます。

マテリアルフォトニクス実験B (3年次)

物理学系から「オプトデバイス」「光干渉計」、化学系から「アゾ色素」「感光性樹脂」の4つのテーマで物理学系と化学系の実験をバランス良く行いながら、工夫する能力や論理を組み立てる能力を身に付けます。
チームで実験を行うことによってコミュニケーション能力も養います。

医用材料 (3年次)

医療現場で治療や検査用の材料として使用されている医用材料(バイオマテリアル)である金属材料、セラミックス材料、高分子材料の特性について学びます。
また人体のしくみや機能の理解と併せ、人工骨、人工血管などの生体適合性(生体と材料の相互作用)についても学習します。
TOPへ戻る