背景色
文字サイズ

情報システム工学科

Home > 学部・大学院 > 理工学部 > 情報システム工学科

未来へのチカラは、情報を生かす技術が支える。

情報社会・倫理、コンピュータおよび情報処理、情報システム、情報通信ネットワーク、マルチメディア表現・技術を学びます。
さらに、それらの知識に加えて教育工学、情報通信工学、サービス工学に関連した内容を横断的に学ぶことにより、社会を進歩発展させられるエンジニアの育成をめざしています。

学科の特長

地域社会や地球環境にも配慮し、さまざまなユーザに真に役立つ情報システムを構築できる技術者へ。
現在の社会では、どんなサービスやシステムもICT(情報技術・通信技術)なしでは成り立ちません。
ハードとソフトの技術融合が発展する中、エンジニアには地域社会や地球環境も視野に入れた「人間中心」の技術開発が求められています。
本学科では情報工学への深い理解を基盤として、技術の進歩をリードするエンジニアとしての能力と、それを社会に生かし、新たなビジネスとして創出する力を養います。
多様な視点から「おもしろいこと」を見つけ、「ことづくり」のできる情報技術系リーダーを育成
例えば、日本が製造する高度な光電子部品は海外製のスマートフォンやタブレットの中核を担うなど、ハードウェア面では世界最高レベルにあります。
しかし、情報技術を駆使して社会に大きなインパクトを与えている例はあまり多くはありません。
本学科では情報通信、情報処理、情報活用の3分野を柱に、人間と社会の諸問題を解決するための「ことづくり」のできる、総合的な視点を持った技術系リーダーとしての人材の育成をめざします。

学びの領域

めざせる将来

  • 社会基盤系情報システム部門
    社会基盤系の情報システム開発、 企業間ネットワーク活用ビジネスモデル設計など
  • 電気・電子・通信系 企画/開発部門
    電子・情報・通信系メーカー、 ソリューション系企業の企画・開発など
  • メディア・コンテンツ部門
    ICTソリューション、Webクリエーターなど
  • 大学院進学
    より高度で深い最先端の研究が可能
  • 中学校・高校教員
    専門性とICT活用能力を兼ね備えた教員に
    取得可能免許状
    中学校教諭一種免許状[数学]/高等学校教諭一種免許状[数学・情報]

各分野について

情報通信応用分野

ハードウェア系
20世紀以降、高速な光通信の実現など、情報通信技術は目覚ましい発展を遂げています。
人にとって使いやすい「ハードウェア」から、要素技術が組み上がって機能する「システム」技術まで、「組み合わせて性能をアップするにはどうするか」を学びます。

ICTソリューション分野

ソフトウェア系
すでに世界標準になっているソフトウェアやネットワーク技術を駆使して、社会のさまざまな問題を解決する手法を実践的に学びます。
さらに、クラウドやビッグデータの扱い・人工知能アルゴリズムなどの先端技術も積極的に学ぶことによって、新たな社会基盤サービスをつくり出す力を身に付けます。

サービス科学・工学分野

サービス系(人間工学・メディア工学・教育工学)
ユーザに対して「情報ネットワークやヒューマンインターフェースシステムを使って何をどう伝えていくか」を追求します。
別の言い方をすれば、人間の感性や統計を学習し、人々のためになるしくみやもの、あるいは情報などを使う立場になってつくり出し、新たな価値を生み出すことを学ぶ領域です。
TOPへ戻る