背景色
文字サイズ

電子光工学科

Home > 学部・大学院 > 理工学部 > 電子光工学科

未来へのチカラは、光を通じたものづくりから生まれる。

電子工学の基本から光テクノロジーの専門知識までを学ぶことにより、電気電子・情報通信、そしてロボット技術など、産業の発展や人の支援が可能な新しい「ものづくり」、「システムづくり」を創造できる能力を養います。
多岐にわたる実験とコンピュータ実習を通じて実践的なスキルを身に付けます。

学科の特長

身近なところにある製品の技術を学び、「ものづくり」の発展をめざします。
現在、私たちの暮らしのいたるところで使われている携帯機器、家電製品、コンピュータ、通信機器などのシステムは、レーザやLED、光ファイバ、光センサ、ディスプレイなど、光サイエンスと電気電子工学が融合した技術をもとにしています。
これらを生かした情報化社会の発展のため、光テクノロジーと電気電子工学を上手に活用し、新しい時代に対応できる「ものづくり」の人材の育成をめざします。
光通信やロボット技術などを使った情報化社会の「システムづくり」を幅広く実践できる人材を育成します。
光デバイス(材料部品・装置)などの「ものづくり」はそれだけで重要な位置を占めています。
一方「システムづくり」は、製品や商品に直結するものになります。
そのために最先端の光通信技術および知能や自動制御の高度化が進むロボット技術を取り込んだシステムの知識の習得をめざします。
また、計測データの処理に必要なコンピュータ・プログラミングが学べることも特長です。

学びの領域

めざせる将来

  • システム開発・運用
    電気・電子システム・製造業分野、情報通信・ネットワーク分野
  • 機器開発・製造
    光デバイスやレーザの光学機器分野、メカトロ・ロボティクス分野
  • ソフトウェア開発
    システムソフト分野
  • 大学院進学
    より高度で深い最先端の研究が可能
  • 中学校・高校教員
    専門性とICT活用能力を兼ね備えた教員に
    取得可能免許状
    中学校教諭一種免許状[数学]/高等学校教諭一種免許状[数学・情報]

各分野について

オプトエレクトロニクス分野

光電子工学関連
この分野は、光学と電子工学の境界領域に生まれた新しい学問です。光電子工学とも呼ばれています。
光サイエンスと電子工学が融合した技術としては、LEDやレーザなどがあります。
これらの発光原理や光の計測、伝達にいたるまでの基本知識と技術を学びます。
さらに情報通信や計測制御分野をはじめ、産業の各分野に広がる多様な光デバイス(部品・装置)、また光システムの設計・開発のための教育と研究を行います。

通信・ロボティクス分野

情報通信工学、ロボット工学関連
光通信システムや光ファイバネットワークについて学ぶとともに、計測制御技術などを習得します。
いつでも、どこにいても情報通信サービスが利用でき、今後一層の発展が見込まれている「ユビキタスネットワーク」の高度化のための知識・技術を学びます。
また、ロボット技術を学ぶことにより、産業や人々の生活を支援するさまざまな新しいテクノロジーを取り込んだシステムの設計・開発ができる人材の育成をめざします。
TOPへ戻る