背景色
文字サイズ

電子光工学科 カリキュラム

Home > 学部・大学院 > 理工学部 > 電子光工学科 > 電子光工学科 カリキュラム

カリキュラムの特色

電気電子工学の基礎から光テクノロジーまでを学びながら、実践的な開発能力を習得。時代のニーズに対応できる人材育成をめざすカリキュラムです。
電気電子工学の基本から、通信工学、ロボットをはじめとする計測制御・システム工学分野およびそれらに必要なソフトウェア技術をバランスよく学びます。
最終的には情報社会に対応した「ものづくり」の基本を修得します。
電気電子工学と光テクノロジーを核に据えた横断的な学問領域と、ハードウェアのシステム化技術を融合して教示できる一貫性のある教育と研究のためのカリキュラムを用意。
これらは次の時代の「システムづくり」を支える幅広い知識と応用力を備えたプロフェッショナルの養成につながるものです。
あわせて情報通信の基礎知識とコンピュータの基本スキルを習得し、実践的な開発能力を身に付けます。
さらに、充実した実験と研究を通して「システム全体を見通せる力」を養成します。

履修科目の紹介

必修科目 選択必修科目 選択科目

2年次

学びの目標
数学技法から情報化社会の必須知識まで専門分野の基礎を幅広く習得
共通
コンピュータプログラミング1・2 コンピュータシステム概論 光システム実験 ユビキタスネットワーク概論
ディジタル回路 アナログ回路 制御工学概論 フーリエ応用 振動・波動論
環境学 システムズエンジニアリング 電磁気学 システム統計 数値計算概論 オプティクス
離散数学 情報と職業 情報セキュリティ 代数学概論

3年次

学びの目標
分野別の専門知識を習得し、エンジニアに必要な素養を身に付ける
オプトエレクトロニクス分野
電子光工学実験 電子光工学プロジェクト 量子力学 フォトニクスデバイス
半導体デバイス工学 量子エレクトロニクス入門 ナノフォトニクスデバイス
通信・ロボティクス通信
電磁波工学 システム制御論 画像工学 光ファイバシステム ロボティクス 情報通信ネットワーク工学
共通
ディジタル信号処理 コンピュータアプリケーション エレクトロニクスデザイン
半導体基礎 フォトニクス計測 日中比較文化論 インターンシップ シミュレーション工学
エレクトロニクス計測 マイクロコンピュータ実習 医用レーザ工学 半導体科学
幾何学概論 統計解析 ユーザインターフェース センサ工学 代数学I
教育とコンピュータ 企業リテラシ

4年次

学びの目標
自分なりの目標を立てて研究に取り組む
共通
光システム輪講 光システムセミナー 卒業研究A・B 複素関数と特殊関数
幾何学I 幾何学I演習

科目 PICK UP

電子光工学実験 (3年次)

光システム技術で必要とされる、電子デバイスや光デバイスを設計・評価する知識や、ハードとソフトを組み合わせてシステム化する知識と技術を学びます。
表計算ソフトを使ったデータ処理を経て、3D-CADによる3次元の製図、回路の製作や光関連の観測・測定、光デバイスの製作実験を行います。

光ファイバシステム (3年次)

光通信に関わる技術者に必須となる基礎技術、実践的応用技術を身に付けます。
光ファイバ通信の基礎から、通信システムを構成する技術や部品の役割、実際に運用されるシステムまで幅広く学び、光ファイバ通信のしくみを具体的に理解し、基本設計を行うスキルの習得を目標とします。

マイクロコンピュータ実習 (3年次)

最先端のデジタル機器を支えるマイクロコンピュータ開発の基本を習得します。
マイクロプロセッサが備えるアナログ信号の入出力を行うためのAD・DA機能や、デジタル入出力などを学びます。学生1人1台ずつのコンピュータを用いた、実習形式の授業です。
TOPへ戻る