背景色
文字サイズ

准教授・博士(工学):小林 大二

Home > 学部・大学院 > 教員紹介 > 准教授・博士(工学):小林 大二
所属 情報システム工学科
学位 准教授・博士(工学)
研究室 E317
電話 0123-27-6053
FAX 0123-27-6053

学部担当科目

サービス科学、サービス工学、感性工学、ユーザビリティ工学、統計学基礎、統計解析、サービスプロジェクト、情報システムセミナー

大学院担当科目

<博士前期課程>
ヒューマンファクターズ特論、感性工学、グローバルシステムデザイン実験

経歴

平成10年10月 東京理科大学 工学部 第一部 経営工学科 嘱託助手
平成12年4月 尚美学園大学 芸術情報学部 情報表現学科 兼任講師
平成17年4月 東京理科大学 工学部 第二部 経営工学科 非常勤講師
平成17年4月 日本橋学館大学 人文経営学部 専任講師
平成20年3月 千歳科学技術大学総合光科学部グローバルシステムデザイン学科 准教授
平成31年4月 公立千歳科学技術大学理工学部情報システム工学科 准教授
 

専門分野

人間工学(ヒューマンファクターズ,エルゴノミクス)、サービス工学

現在の研究テーマ

触覚を活用した人間とコンピュータとのインタラクション
VRなどの没入型仮想環境(immersive virtual environment)に対する人間工学的評価 など

所属学会

日本人間工学会、日本プラント・ヒューマンファクター学会、産業保健人間工学会、ヒューマンインタフェース学会

主な著書及び解説

  • マネジメントサイエンス, 108—112, 培風館, 2005
  • 情報システムと情報技術辞典, 培風館, 2006
  • Usability research on the older person’s ability for Web browsing, Promotion of Work Ability Towards Productive Aging, CRC Press, 227–235, ISBN 978-0-415-48590-6, 2009
  • Cognitive Process of Evacuee with Map on Personal Digital Assistance, Ergonomics for All: Selected Papers of the Pan-Pacific Conference on Ergonomics, CRC Press 153–158, ISBN: 978-0-415-58608-5, 2011.
  • Study on a Haptic Interaction with Touch Panel, Advances in Ergonomics Modeling and Usability Evaluation, CRC Press, 472–476, ISBN: 978-1-138-11806-5, 2012
  • Research on the Older Person’s Ability for Touch Panel Operation, Age Management during the Life Course, Tampere University Press, 229–238, ISBN: 978-951-44-8392-9,2012
  • Study on Haptic Interaction with Maps, HIMI/HCII 2013, LNCS 8016, 62–71, ISBN: 978-3-642-39226-9, 2013
  • 総説 特集①:分野別人間工学の現状と将来(8)—触覚インタラクション開発の現状について:ISO9241-910による場面分類と関連研究の動向—, 人間工学, 50(5), 215–222, 2014
  • A Practical Approach to Improving the Provision of In-formation in New Chitose International Airport, Serviceology for Services—Selected papers of the 1st International Conference of Serviceology, Springer, 327–334, ISBN: 978-4-431-54815-7, 2014
  • Study on Perception of Vibration Rhythms, HIMI/HCII, Part I, LNCS 8521, Springer, 208–216, ISBN: 978-3-319-07731-4, 2014
  • 構造化したPSFと職場文化のモデルを活用した対策立案の検討, ヒューマンファクターズ,20(1),12–25, 2015
  • Designing understandable vibration patterns for tactile interface, New Ergonomics Perspective, CRC Press, 259–266, ISBN: 978-1-138-02751-0, 2015
  • Fatigue sensation of Eye Gaze Tracking System users, New Ergonomics Perspective, CRC Press, 279–282, ISBN: 978-1-138-02751-0, 2015
  • Study on vibration patterns using vibrating computer mouse, New Ergonomics Perspective, CRC Press, 377–380, ISBN: 978-1-138-02751-0, 2015
  • Study of Haptics and Tactile Sense of the Direction of Movement, HIMI/HCII 2015, Part I, LNCS 9172, Springer, 477–487, ISBN: 978-3-319-20612-7, 2015
  • Designing Memorable Tactile Patterns, HIMI/HCII 2015, Part I, LNCS 9172, Springer, 396–404, ISBN: 978-3-319-20612-7, 2015
  • Study on Designing Effective Vibration Patterns, HIMI/HCII 2016, Part I, LNCS 9734, Springer, 511–522, ISBN: 978-3-319-40349-6, 2016
  • Effective Voice-Based Vibration Patterns for Tactile Interfaces, HIMI/HCII 2017, Part I, LNCS 10273, Springer, 554–566, ISBN: 978-3-319-58521-5, 2017
  • Study on the Performance in Virtual Reality Based on Sense of Agency, HIMI/HCII 2018, LNCS 10904, 381–394, ISBN: 978-3-319-92046-7, 2018
TOPへ戻る