背景色
文字サイズ

准教授・博士(工学):萩原 茂樹

Home > 学部・大学院 > 教員紹介 > 准教授・博士(工学):萩原 茂樹
所属 情報システム工学科
学位 准教授・博士(工学)
研究室 E312
電話 0123-29-5170
FAX 0123-29-5170

学部担当科目

コンピュータと言語処理、情報処理システム論、情報システムセミナー、インフォマティクス基礎、情報セキュリティ、ICTソリューションプロジェクト
 

経歴

平成5年3月 東京工業大学工学部情報工学科卒業
平成12年3月 東京工業大学大学院情報理工学研究科計算工学専攻博士後期課程修了
平成12年4月 日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業 リサーチ・アソシエイト
平成13年6月 東京工業大学大学院情報理工学研究科計算工学専攻 助手(平成19年より助教)
平成28年4月 東京工業大学情報理工学院情報工学系 助教
平成29年4月 東北公益文科大学公益学部 准教授
令和2年3月 公立千歳科学技術大学理工学部情報システム工学科 准教授

専門分野

形式手法、ソフトウェア工学、情報セキュリティ、応用論理学

現在の研究テーマ

形式手法と呼ばれる数学を基盤としたアプローチにより、誤りのないソフトウェアや攻撃に対して脆弱でないプロトコルを構成する方法の研究

所属学会

電子情報通信学会、日本ソフトウェア科学会、ACM

主な著書及び解説

著書
  • 萩原茂樹, 論理的検証法, 応用数理ハンドブック, 238—239頁, 朝倉書店, 2013年10月.
  • 萩原茂樹, 米崎直樹. AbadiとRogawayによるメッセージの識別不可能性の形式化, 数理的技法による情報セキュリティ(シリーズ応用数理), 共立出版, 1巻, 137-152頁, 2010年7月.
 
論文
  • Shigeki Hagihara, Masaya Shimakawa and Naoki Yonezaki, Verification of Verifiability of Voting Protocols by Strand Space Analysis, the 8th International Conference on Software and Computer Applications (ICSCA 2019), pp.363-368, ACM New York, Feb. 2019.
  • Shigeki Hagihara, Yoshiharu Fushihara, Masaya Shimakawa, Masahiko Tomoishi, Naoki Yonezaki. Web server access trend analysis based on the Poisson distribution, the 6th International Conference on Software and Computer Applications (ICSCA 2017), pp.256-261, ACM New York, Feb. 2017.
  • Shigeki Hagihara, Atsushi Ueno, Takashi Tomita, Masaya Shimakawa, Naoki Yonezaki. Simple synthesis of reactive systems with tolerance for unexpected environmental behavior, the 4th FME Workshop on Formal Methods in Software Engineering (FormaliSE '16), ACM New York, pp. 15―21, May. 2016.
  • Shigeki Hagihara, Naoki Egawa, Masaya Shimakawa, Naoki Yonezaki, Minimal Strongly Unsatisfiable Subsets of Reactive System Specifications, the 29th ACM/IEEE international conference on Automated software engineering (ASE2014), ACM New York, pp. 629―634, Sep. 2014.
  • 萩原茂樹, 北村佑介, 島川昌也, 関戸聡, 米崎直樹. リアクティブシステム仕様を実現可能にするための環境制約の抽出, コンピュータソフトウェア, 28巻3号, 132―146頁, 岩波書店, 2011年8月.
  • Shigeki Hagihara, Yusuke Kitamura, Masaya Shimakawa, Naoki Yonezaki. Extracting Environmental Constraints to Make Reactive System Specifications Realizable, 16th Asia-Pacific Software Engineering Conference APSEC 2009, pp. 61―68, IEEE, Dec. 2009.
  • 萩原茂樹, 米崎直樹. 記号論及び計算論によるセキュリティ解析の相互関係, 応用数理, 17巻4号, 27―37頁, 2007年12月.(解説論文)
  • 萩原茂樹, 友石正彦, 米崎直樹. 有限フレームを意味的基礎として持つ様相論理に対する分解証明法, コンピュータソフトウェア別冊ソフトウェア発展, 18巻0号, 78―91頁, 岩波書店, 2000年12月.
  • Shigeki Hagihara, Naoki Yonezaki. Resolution Method for Modal Logic with Well-founded Frames, Computer Science Logic, Lecture Notes in computer Science (13th International Workshop, CSL'99, 8th Annual Conference of the EACSL) , Vol. 1683, pp. 277―291, Springer, Sep. 1999.
TOPへ戻る