背景色
文字サイズ

准教授・博士(工学):平井 悠司

Home > 学部・大学院 > 教員紹介 > 准教授・博士(工学):平井 悠司
所属 応用化学生物学科
学位 准教授・博士(工学)
研究室 E214
電話 0123-27-6068
FAX 0123-27-6068

学部担当科目

理工学基礎実験、有機化学基礎、有機化学、バイオ電子フォトニクス実験A、マテリアルフォトニクス実験A、環境化学、マテリアルフォトニクスセミナー、生物学入門

経歴

平成18年3月 北海道大学理学部化学科卒業
平成20年3月 北海道大学大学院理学院化学専攻博士前期課程修了
平成20年4月 東北大学工学研究科バイオ工学専攻博士後期課程編入学
平成20年4月 日本学術振興会特別研究員(DC1)
平成22年9月 東北大学大学院工学研究科バイオ工学専攻博士後期課程修了
平成22年10月 東北大学多元物質科学研究所 高分子・ハイブリッド材料研究センター 助教
平成25年2月 千歳科学技術大学バイオ・マテリアル学科 専任講師
平成31年4月 公立千歳科学技術大学理工学部応用化学生物学科 専任講師
令和2年4月 公立千歳科学技術大学理工学部応用化学生物学科 准教授

専門分野

自己組織化、バイオミメティクス、ナノテクノロジー、界面化学、コロイド化学

現在の研究テーマ

自己組織化を利用したバイオミメティック材料の創製
高分子微細構造を利用した有機・無機ハイブリッド材料の作製

所属学会

高分子学会、応用物理学会、日本表面科学会、日本トライボロジー学会、日本マイクログラビティ応用学会

主な著書及び解説

  • Y. Hirai, H. Yabu, Y. Matsuo, K. Ijiro, M. Shimomura, “Arrays of Triangular Shaped Pincushions for SERS Substrates Prepared by Using Self-Organization and Vapor Deposition”, Chemical Communications, 2010, 46, pp2298-2300
  • Y. Hirai, H. Yabu, Y. Matsuo, K. Ijiro, M. Shimomura, “Preparation of self-organized porous polymer masks for Si dry etching”, Macromolecular Symposia, 2010, 295, pp77-80
  • Y. Hirai, H. Yabu, Y. Matsuo, K. Ijiro, M. Shimomura, “Biomimetic bi-functional silicon nanospike-array structures prepared by using self-organized honeycomb templates and reactive ion etching”, Journal of Materials Chemistry, 2010, 20, pp10804-10808
  • 平井悠司、藪浩、松尾保孝、居城邦治、下村政嗣、「自己組織化高分子多孔質構造を利用して作製したシリコン微細構造の濡れ性パターニング」、社団法人日本表面科学会、2011、32、416-421
TOPへ戻る