背景色
文字サイズ

教授・博士(工学):李 黎明

Home > 学部・大学院 > 教員紹介 > 教授・博士(工学):李 黎明
所属 応用化学生物学科
学位 教授・博士(工学)
研究室 E221
電話 0123-27-6092
FAX 0123-27-6092
ホームページ 李研究室(制作:学部学生)のホームページへ

学部担当科目

ディジタル回路、アナログ回路、レーザ医療、光サイエンス実験A、バイオ電子フォトニクス実験B、バイオ・メディカルフォトニクスセミナー、生物学入門

大学院担当科目

<博士前期課程>
バイオ・メディカルフォトニクス特論、バイオ・マテリアル実験

経歴

昭和52年8月 中国復旦大学電子工学部電子工学専攻卒業
昭和52年10月 中国国家電子工業部鐘山電子研究所エンジニア
昭和61年11月 中国復旦大学物理学部レーザー医学研究室助手
平成4年3月 慶應義塾大学理工学研究科生体医工学専攻前期博士課程修了
平成4年4月 NECメディカルシステムズ(株)エンジニア
平成11年4月 千歳科学技術大学光科学部物質光学科 助手
平成15年4月 千歳科学技術大学光科学部物質光学科 講師
平成19年4月 千歳科学技術大学光科学部物質光学科 准教授
平成24年4月 千歳科学技術大学総合光科学部バイオ・マテリアル学科 教授
平成31年4月 公立千歳科学技術大学理工学部応用化学生物学科 教授

専門分野

バイオメディカルフォトニクス、光線力学的癌診断・治療、フェムト秒光パルスの発生と計測

現在の研究テーマ

半導体レーザ励起による光感受性物質Talaporfinの細胞傷害効果、細胞障害効果による光感受性物質の評価、CWレーザ及び超短パルスレーザによる生体組織透過性、664nmフェムト秒超短光パルスの発生及びPDTへの応用の基礎研究

所属学会

日本レーザー医学会、日本エム・イー学会、日本バイオイメージング学会、日本光線力学学会、応用物理学会

主な著書及び解説

  • Liming Li, Rei Shirogane, Naoto Kubot and Katsuo Aizawa, “Photocytotoxicity of Cancer cells using Talaporfin for photodynamic therapy (PDT)”, Mol. Cryst. Liq. Cryst., 505, 377-385, 2009
  • 李黎明、白銀 玲、久保田 直人、會澤勝夫 “半導体レーザ励起による光感受性物質Talaporfinの細胞傷害効果”、日本レーザー医学会誌、Vol.29, No.4: 363-368, 2009
  • Liming Li, Katsuo Aizawa, “Real-time Imaging Spectrometry of Tissues for Photodynamic Diagnosis(PDD) ”, Molecular Crystals and Liquid Crystals, Vol.472, pp.343- 352, 2007
  • Liming Li,Katsuo Aizawa, “The Photosensitizer Talaporfinum Caused Microvascular Embolization for Photodynamic Therapy”, Laser Medicine and Surgery, SPIE-The international Society for Optical Engineering Vol.5967, pp.59670V1-4, 2004
  • Liming Li, Katsuo Aizawa, Fumihiko Ichikawa, “Real-time Imaging Spectrometry for Microscopy”, Optics in Health Care and Biomedical Optics:Diagnostics and Treatment, Proceedings of SPIE Vol.4916, pp.522-527, 2002
  • L. Li,K. Kodama,K. Saito,K. Aizawa,"Phase-Resolved Fluorescence Study of Mono-L-Aspartyl Chlorin E6 for Photodynamic Therapy". Journal of Photochemistry and Photobiology,B:Biol.,Vol.67,pp.51-56,2002
  • L. Li,K. Aizawa,K. Kodama,H. Minamitani,"Accumulation to Malignant Tumor of Pheophorbide Derivatve PH-1126 for Photodynamic Diagnosis Studied In Vivo",Bioimages,9(3-4),pp.107-116,2001
  • L. Li,S. Kusaka,N. Karasawa,R. Morita,H. Shigekawa and M. Yamashita,"Amplitude and Phase Characterization of 5.0 fs Optical Pulses Using Spectral Phase Interferometry for Direct Electric-Field Reconstruction",Jpn. J. Appl. Phys.,Vol.40,pp.684-687,2001 
TOPへ戻る