背景色
文字サイズ

准教授・博士(学術):坂井 賢一

Home > 学部・大学院 > 教員紹介 > 准教授・博士(学術):坂井 賢一
所属 応用化学生物学科
学位 准教授・博士(学術)
研究室 E114
電話 0123-27-6054
FAX 0123-27-6054
ホームページ 坂井研究室のホームページへ

学部担当科目

理工学基礎実験、コンピュータアプリケーション、バイオ・メディカルフォトニクスセミナー、生物学応用、分子デザイン、生物学基礎A、生物学入門、生物学基礎、バイオフォトニクス

大学院担当科目

<博士前期課程>
バイオ・マテリアル実験

経歴

平成5年3月 東邦大学理学部生物学科卒業
平成7年3月 北陸先端科学技術大学院大学材料科学研究科 博士前期課程修了
平成11年3月 北陸先端科学技術大学院大学材料科学研究科 博士後期課程修了 博士(学術)取得
平成11年4月 北海道大学電子科学研究所研究機関研究員
平成13年4月 理化学研究所基礎科学特別研究員
平成14年10月 信州大学繊維学部機能高分子学科産学官連携研究員
平成18年4月 千歳科学技術大学光科学部物質光科学科 専任講師
平成21年4月 千歳科学技術大学総合光科学部バイオ・マテリアル学科 専任講師
平成22年4月 千歳科学技術大学総合光科学部バイオ・マテリアル学科 准教授
平成27年4月 千歳科学技術大学理工学部応用化学生物学科 准教授
平成31年4月 公立千歳科学技術大学理工学部応用化学生物学科 准教授

専門分野

光化学、物性化学、錯体化学

現在の研究テーマ

有機蛍光色素の開発

所属学会

日本化学会、応用物理学会

主な著書及び解説

  • Y. Nakane, T. Takeda, N. Hoshino, K. Sakai, and T. Akutagawa, “ESIPT fluorescent chromism and conformational change of 2-(2-hydroxyphenyl-5'-sulfonic acid)benzothiazole by amine sorption”, J. Phys. Chem. C (2018) 122, 16249–16255.
  • S. Tsuchiya, K. Sakai, K. Kawano, Y. Nakane, T. Kikuchi, and T. Akutagawa, “Color changes of a full-color emissive ESIPT fluorophore in response to recognition of certain acids and their conjugate base anions”, Chem. Eur. J. (2018) 24, 5868-5875.
  • Y. Nakane, T. Takeda, N, Hoshino, K. Sakai, and T. Akutagawa, “Dual fluorescent zwitterionic organogel of a quinoxalinone derivative using cation–anion detection keys”, J. Mater. Chem. C (2017) 5, 6234-6242.
  • K. Sakai, S. Tsuchiya, T. Kikuchi and T. Akutagawa, “An ESIPT fluorophore with a switchable intramolecular hydrogen bond for applications in solid-state fluorochromism and white light generation, J. Mater. Chem. C (2016) 4, 2011-2016.
  • Y. Yoshii, K. Sakai, N. Hoshino, T. Takeda, S. Noro, T. Nakamura and T. Akutagawa, “Crystal-to-crystal structural transformation of hydrogen-bonding molecular crystals of (imidazolium)(3-hydroxy-2-quinoxalinecarboxylate) through H₂O adsorption–desorption”, CrystEngComm. (2015) 17, 5962–5969.
  • Y. Nakane, T. Takeda, N. Hoshino, K. Sakai and T. Akutagawa, “Cation–anion dual sensing of a fluorescent quinoxalinone derivative using lactam–lactim tautomerism”, J. Phys. Chem. A (2015) 119, 6223–6231.
  • K. Sakai, H. Kawamura, T. Ishikawa, N. Kobayashi, C. Ikeda, T. Kikuchi and T. Akutagawa, “Highly efficient solid-state red fluorophores using ESIPT: crystal packing and fluorescence properties of alkoxy-substituted dibenzothiazolylphenols”, CrystEngComm. (2014) 16, 3180–3185.
  • K. Sakai, T. Ishikawa and T. Akutagawa, “A blue-white-yellow color-tunable excited state intramolecular proton transfer (ESIPT) fluorophore: sensitivity to polar-nonpolar solvent ratios”, J. Mater. Chem. C (2013) 1, 7866–7871.
  • K. Sakai, K. Nagahara, Y. Yoshii, N. Hoshino and T. Akutagawa, “Structural and spectroscopic study of 6,7-dicyano substituted lumazine with high electron affinity and proton acidity” J. Phys. Chem. A (2013) 117, 3614–3624.
TOPへ戻る