背景色
文字サイズ

本学のデータサイエンス教育の取り組みが、文部科学省が推進する数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度(応用基礎レベル)に認定されました。

Home > お知らせ > 本学のデータサイエンス教育の取り組みが、文部科学省が推進する数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度(応用基礎レベル)に認定されました。
教育・地域連携 2022.08.25
本学のデータサイエンス教育の取り組みが、文部科学省が推進する数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度(応用基礎レベル)に認定されました(認定の有効期限:令和9年3月31日まで)。本学は昨年8月にリテラシーレベルの認定を受けており、応用基礎レベルはリテラシーレベルの上位に位置づけられるものです。

数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度は、学生の数理・データサイエンス・AIへの関心を高め、それを適切に理解し活用する基礎的な能力(リテラシーレベル)や、課題を解決するための実践的な能力(応用基礎レベル)を育成するため、数理・データサイエンス・AIに関する知識及び技術について体系的な教育を行う大学等の正規の課程(教育プログラム)を文部科学大臣が認定及び選定して奨励するものです。これにより数理・データサイエンス・AIに関する基礎的な能力及び実践的な能力の向上を図る機会の拡大に資することを目的としています。

今回の申請の中で、応用基礎レベルは大学等単位(全学でプログラムを展開)で27校が採択になっています。選定結果はこちら

本学のデータサイエンス教育の概要はこちら
TOPへ戻る