背景色
文字サイズ

第1回オープンサイエンスパーク千歳を開催しました

Home > お知らせ > 第1回オープンサイエンスパーク千歳を開催しました
教育・地域連携 2019.08.19
8月2日(金)、サケのふるさと千歳水族館学習室において、今年度第1回目のオープンサイエンスパーク千歳 「パッケージングからインバウンド、国土強靭化まで ~生態系サービスがもたらす、持続可能な農業とインバウンド~」が開催されました。盛夏の中、産業界、行政、市民を含む約50名が参加しました。

元滋賀県立大学副学長で環境経済学者の仁連孝昭名誉教授による基調講演をいただいた後、NPO法人アグリコミュニティ千歳理事長の藤田和徳様、千歳市観光スポーツ部観光企画課の松原崇人様、国立研究開発法人森林研究・整備機構森林総合研究所主任研究員の高梨琢磨様、本学の山林由明教授より、関係する研究開発の事例や現代社会が抱える課題などについてご講演いただきました。

その後は、持続可能な経済活動の視点から農業とインバウンドの活用にあたって、千歳市の現状と課題について、熱く議論されました。

 今回も多くの方にご参加いただき、ありがとうございました。


※ オープンサイエンスパーク千歳は、スマートネイチャーシティ(SNC)ちとせ事業の一環として実施しています。SNCちとせ事業についてはこちらをご覧ください
TOPへ戻る