背景色
文字サイズ

公立千歳科学技術大学における新型コロナウイルス感染拡大防止のための行動指針について

Home > お知らせ > 公立千歳科学技術大学における新型コロナウイルス感染拡大防止のための行動指針について
お知らせ 2020.06.25
新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた本学の行動指針について、6月29日(月)以降につきましては段階的に緩和
することとし、当面の間は以下の指針にて運用することとしました。なお、今後指針に変更等があった場合は、改めてホーム
ページにてお知らせいたします。

                                                                                                                               2020年6月25日
                                            公立千歳科学技術大学
                                            理事長・学長 川瀬 正明

【6月29日(月)以降の行動指針】
研究活動 研究室内で密閉する、密集する、近距離での会話等を行う環境になっていないことを確認しながら、可能な限り現場での滞在時間を減らし、感染拡大防止に最大限留意した上で、大学内において現状で実施することが必要な研究活動を行うことができる。
授業 オンライン講義を中心としますが、
実験、実習等について、感染拡大防止措置を講じた上で対面で実施します。
学生 研究活動を行う学生、大学で開講される実験等を受講する学生及び特に許可された学生のみ来学可とします。それ以外の学生は大学内への立ち入りについては原則禁止とします。やむを得ない事情で来学する場合は、事前に教員から来校許可を得てください。
サークル活動および課外活動の再開については,7月10日以降の再開を予定します。但し,再開に関する条件がありますので,事前に学生支援課に届け出を提出してください。
学外者 大学内の立ち入りについては、安全管理上および最低限の機能維持のために必要な場合を除き、極力自粛をお願いしますが、入構が必要な場合は事前に訪問先へ連絡の上、来学時には本部棟正面玄関または研究・実験棟正面玄関において入構記録をお願いいたします。
教職員の
勤務体制
教員については、教育研究活動に支障のない範囲で在宅勤務を可能とします。
事務職員については、時差出勤を活用しながら通常通りの勤務とします。
対面による窓口業務は、感染拡大防止対策を行った上で実施します。
TOPへ戻る