千歳科学技術大学

理工学部

「理工学」とは、「理学」と「工学」の総称です。なぜひとつにまとめる必要があるのでしょうか。
物理学や化学、生物学など、実世界の根本を追求する「理学」と、それらをベースにして、実生活に役立つ技術を磨く「工学」。両者を横断的に学んでこそ、より強く社会にコミットできる総合力を身につけられるからです。
「理学」のチカラで「?(未知)」を解き明かし、「工学」のチカラで「!(未来)」を創り出す。
その興奮と感動を、北海道唯一の理工学部で共有しましょう。

大学紹介の動画はこちら

ものの成り立ち、性質や反応などの化学の知識を、新しい素材の開発や分析へと応用します。化学の基礎体系から応用まで幅広く学びます。

生物の多くは無駄がなく合理的な「つくり、しくみ、成り立ち」を持っています。生物の優れた機能を工学的に活用することを学びます。

医療現場・医学研究で用いられる工学系理論を学びます。医療機器開発などで医療を理解できるエンジニアとしての活躍が期待されます。

物理学を生活や技術に役立てるため、基礎体系から物理現象を応用した先端技術まで幅広く学びます。産業・経済と強い関わりがあります。

社会生活の基盤として重要な科学技術となっている分野です。エレクトロニクスに関する知識・技術を基礎から応用まで学びます。

コンピュータと通信に関する基礎的な理論や技術を学びます。情報社会に不可欠なネットワーク構築にも力を入れていきます。

さまざまな情報がコンピュータで扱われ、日常生活や社会を支えています。情報をコンピュータで扱うための基礎から先端技術まで幅広く学びます。

コンピュータの効果的な活用のためのソフトウェアの企画・設計・開発に必要となる考え方を学び、実践的なプログラミングスキルを身に付けます。

人々のためになるしくみ・もの・情報などを、使う立場になってつくり出すことで、新たな価値を生み出すことを学びます。

応用化学生物学科

化学・生物学を軸とした理工学の基礎のもと、素材関連や医療分野だけでなく食品・環境・エネルギーなどの幅広い分野に役立つ能力を養います。広範なテーマ設定の実験実習や卒業研究を通して、どのような分野にでも対応できる幅広い知識と柔軟な思考、コミュニケーション能力を身に付けます。

詳しくはこちら

電子光工学科

電子工学の基本から光テクノロジーの専門知識までを学ぶことにより、電気電子・情報通信、そしてロボット技術など、産業の発展や人の支援が可能な新しい「ものづくり」、「システムづくり」を創造できる能力を養います。多岐にわたる実験とコンピュータ実習を通じて実践的なスキルを身に付けます。

詳しくはこちら

情報システム工学科

情報社会・倫理、コンピュータおよび情報処理、情報システム、情報通信ネットワーク、マルチメディア表現・技術を学びます。さらに、それらの知識に加えて教育工学、情報通信工学、サービス工学に関連した内容を横断的に学ぶことにより、社会を進歩発展させられるエンジニアの育成をめざしています。

詳しくはこちら

理工系人材としての土台をつくり専門分野の学びに生かす
本学のカリキュラムが、あなたのチカラを最大限に引き出します。

本学の理工学部は、理学と工学を横断的に融合した実践的な学びを特長とした学部です。エンジニアから技術に強いビジネスリーダーまで、社会が求める幅広い人材を育成します。1年次に基礎を身に付け、2年次から学科に所属。3年次には専門知識を深めながら興味あるテーマを見つけ、4年次にはいよいよ自分の研究に取り組みます。4年間で将来に向けた確実なスキルを養うカリキュラムです。また、本学では「eポートフォリオ」を1年次から実施。eポートフォリオとは学習・キャリア形成のあらゆる履歴を「個人カルテ」として蓄積する学生総合カルテのことです。教職員・学生間で共有し、学生一人ひとりの学習面や学生生活に対して最善の支援をめざします。

1年次

基礎

1・2年次を重点期間として学ぶ共通基盤教育カリキュラムで、
専門分野共通の基礎的な素養と、実社会で生かせる教養を広く身に付けます。

理工学の専門分野を学ぶための
確実な基礎力を養います。

学科を選択する2年次進級時に向けて、理工学を学ぶ基盤となる「理学」と「工学」の基礎的な素養を広く身に付ける、学部共通の基盤教育を実施。大学での学びに必要な部分に絞り、高校の理系科目の復習も行います。高校で物理や一部の数学科目などを履修していなかった人でも、十分な知識を身に付けて専門教育へ進めます。また、学科での学びにつながる科目も選択必修科目として配置しています。専門分野を学ぶ準備として、必修科目で得た知識をより深めていくことが可能です。

実社会で求められる教養や、
社会人基礎力を身に付けます。

初年次の外国語科目は学びやすさに配慮し、習熟度別にクラスを編成します。2年次以降も必要に応じてステップアップしながら、語学力を強化できます。また、専門分野に関わらず社会人として望ましい教養を身に付けるため、地域や実社会との関係から政治や経済、法律などを学ぶ人文・社会系の科目も配置。1年次からスタートするキャリア教育と併せて、社会人基礎力を着実に養成します。

2年次

選択

2年次進級時に学科を選択。理学と工学を横断する3学科に分かれて、専門的な教育がスタート。

1年次の1年間をかけて自分の興味ある分野を探したあと、2年次からは3学科に分かれて専門教育がスタート。「応用化学生物学科」、「電子光工学科」、「情報システム工学科」の3学科の中から、興味のある分野、もしくは将来所属したい研究室に応じて学科を選択します。それぞれの専門分野に合わせて、理学と工学をバランスよく学びます。

3年次

専門

各専門分野の高度な知識を身に付けながら、自分が研究したいテーマを見つけていきます。

より専門性の高い教育が展開されていく3年次。先輩・後輩との交流で刺激を受ける機会も多くなります。本学での集大成となる卒業研究に向け、11月には所属する研究室を決定します。1年次から研究室訪問が可能なので、興味のある研究室と早い段階で出会うこともできます。また、3年次にはインターンシップなど、就職支援のプログラムも充実していきます。

4年次

研究

学生一人ひとりの興味に応じて、研究室に所属。大学生活の集大成となる研究活動に取り組みます。

雰囲気も研究内容もそれぞれ異なる研究室で、本格的な研究活動がスタート。各々の分野において、教員の指導のもとで専門性を深めていきます。卒業論文としてまとめた研究の成果は、学内で発表します。研究室内でも発表・ディスカッションの機会が数多くあるので、コミュニケーションとプレゼンテーションの能力が養われます。

共通科目
(共通基盤教育カリキュラム)

  • 必修科目 
  • 選択必修科目 
  • 選択科目

一般教養科目

  • サイエンス基礎
  • 情報学基礎演習
  • 数学A
  • 生物学入門
  • 化学入門
  • エレクトロニクス入門
  • テクノロジー基礎
  • 理工学基礎実験
  • 情報技術概論
  • 物理学入門
  • データサイエンス
  • 数学B・C
  • エレクトロニクス基礎
  • インフォマティクス基礎
  • 化学基礎
  • 生物学基礎
  • 力学
  • 熱力学
  • 人間情報科学
  • 基礎フーリエ数学
  • 哲学と世界
  • 倫理と人間
  • 心の科学
  • 論理学入門
  • 現代の社会経済
  • くらしと法律
  • 宗教と科学技術
  • くらしと政治
  • 人と社会
  • 北海道の歴史
  • 心理学入門
  • 日本国憲法
  • 初歩の物理学
  • 数学基礎
  • キャリア形成A1・A2
  • キャリア形成B1・B2

外国語科目

  • 英語1A・2A
  • 英語基礎1・2
  • 英語1B・2B
  • 中国語1・2・3
  • ドイツ語
  • フランス語
  • 英語中級1A・1B・1C・1D
  • 英語中級2A・2B・2C・2D
  • 英語上級1A・1B・1C
  • 英語上級2A・2B
  • 技術中国語1・2
  • 認定英語1・2・3

共通(※)

  • スポーツ総合1・2
  • 健康科学

▲ページのトップへ

共通教育担当教員

担当教科:中国語
電子光工学科/教授
王 建康

担当教科:数学
電子光工学科/教授
安田 富久一

担当教科:英語
情報システム工学科/准教授
小川 正浩

担当教科:英語
電子光工学科/専任講師・博士(文学)
金井 彩香

担当教科:英語
情報システム工学科/専任講師
ランディ エバンズ
Randy L. Evans

 

▲ページのトップへ

学部・大学院